忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

予想


検索ユーザーが検索をしそうなキーワードを予想して、タイトルを付けたり、記事を書くことが大事です。キーワードチェックツールを駆使してもいいですし、そこから検索ユーザーが検索しそうなキーワードを予想してもいいと思います。もちろんキーワードチェックツールを使わないでも、検索ユーザーが検索しそうなキーワード予想して記事を書いてもいいと思います。最初、慣れるまでは。キーワードチェックツールを使ってある程度検索されているキーワードから、検索ユーザーが検索をしそうなキーワードを予想した方がいいと思います。慣れてきたら、自分で考えたり情報をいろいろ収集して対策するキーワードを見付ければいいと思います^^。検索ユーザーが検索しそうなキーワードを見つけ出すのは容易なことではありませんが、コツをつかんでサイトやブログを運営ではありませんが、コツをつかんでサイトやブログを運営や売り上げを増やしたいのであれば、コツをつかんでサイトやブログを運営する必要があります。

逆SEO対策とは。標的URLの検索順位を下げる対策。「虚偽の風説」を流布するページの順位を落とす
集客目的URLと営業目的URLの違い。「SEO集客優先・営業劣後」か逆か
「URL=コンテンツ」「URL=オリジナル部分」時代へ2013年。ページの「共通部分」重要度低下
キーワード単位でコンテンツ用意が一番確実。対策キーワード毎に準備
新式のニュー衛星サイトと旧式のオールド衛星サイト。どちらが安全か
内部要因=コンテンツ。外部要因=被リンク。内部対策⇒外部対策。コンテンツSEO⇒被リンクSEO
検索順位を上げるコツ。そのページ(URL)の「コンテンツ」に適したアンカーテキストで被リンク供給
起点はキーワード、基点はコンテンツ。他SEO要素の記述自ずと決る
2014年も「被リンクの量」がものを言う。被リンク効果実感は量に比例
内部対策はオリジナル部分SEO・コンテンツSEO優先。共通部分SEO劣後
重複コンテント(Content)セーフ、重複コンテンツContentsはアウト
トップページURLのみに被リンク集中ではサイト全体の検索経由アクセス数は年々減る。リンクジュース
Web営業パーソンとリアル営業パーソンの二本立てで現実世界とインターネット世界を攻略する
SEO集客URLのオリジナル部分は集客に最適化、共通部分は営業に最適化
ニュー被リンクとオールド被リンクの時間軸での増減推移の例※毎月一定「量」被リンク対策を施した場合
短期間で検索順位を上げる
PR