忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だます


勘違いしている人が多いのもSEOです。SEOは検索エンジンをだまくらかすものではありません。本来のSEOは、検索エンジンのガイドラインに沿って施すことによって、検索結果の上位に自分のサイトやブログを表示させるものです。ですが、今でこそ取締りが始まっていますが、検索エンジンをだまくらかす施策で検索結果の順位を上げることが多かったのです。今検索エンジンをだまくらかすような施策を施すと、検索エンジンからペナルティを受け、逆に検索エンジンからの評価が下がって検索結果のランキングも下がるか、圏外に飛びます。ですので、本来の正式なSEOを施さないければ逆効果になるようになってきています。昔はむちゃくちゃなSEOが多かったので、やっと正常になってきていると言えます。どんなむちゃくちゃかといいますと、自分のサイトを検索結果の上位に表示させたいからと言って、上位表示させたいキーワードではなく、全然関係のないキーワードを記述したのです。

池袋のカウンセリング業者、ヒプノHomepage
池袋 カウンセリング

衛星サイトの記事に「関連性」は必要か?不要。非関連記事で安定上位実現可能
コンバージョン目的URLとSEO目的URLに分けて、サイト内のSEO目的URLに被リンク対策施す
複数サイト間の記述重複問題と対策、オリジナル部分・共通部分・URL部分
短期間で大量にバックリンク供給する場合のみIPアドレス分散必要。適量供給ならIP分散被リンク不要
テキストリンクを増やす
2000年代からSEOサービスを提供,実戦経験と実績が「豊富」なSEOプロフェッショナル
検索順位を上げるには?コンテンツSEO,HTML要素SEO,被リンクSEO
「企業体力が有る」内に構造改革を進めるのが経営家。企業が健康体であって、初めて構造改革は成功する
各URLへの被リンク対策心得。鉄則「コンテンツ先・被リンク後」を守りバックリンクペナルティ回避
「コンテンツ優先・被リンク劣後」アルゴリズム下で発生する順位現象
キーワードの割当て方。「1URL1キーワード,1URL1意味」以外の対策URLは順位下落の運命
SEO集客増加のポイント「被リンクの伴うコンテンツを増やす」「常にコンテンツと被リンクはセット」
「新」はエイジングフィルターの対象、「新URL,新被リンク」等。「新⇒エイジ期間⇒古」で正当評価
高強度被リンク(高質)なら獲得数は多ければ多いほど良い。低強度被リンクなら少なければ少ない程良い
上位表示維持の足枷になる被リンク、足枷にならない被リンク。弱いバックリンク,強いバックリンク
PR